スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因不明の便秘

120506 017 120506 021

デュランちゃん 
最近、寝てばかりいる日が何日かあり
そのとき続けて2回便秘しました

たまたま家にあったパンラクミン(整腸剤)を
通常大人3粒のところひと粒だけスプーンの背で砕き
缶詰キャットフードに混ぜて食べさせたら
まもなく解消し、今は順調。

しかし薬ビンに「5歳以下は服用しないでください」
と書いてあるし
電話で獣医さんに問い合わせたところ
やはり「与え過ぎないようにしてはやめに受診を」
とのことでした

ちなみに一般的に便秘に良いとされる牛乳は
とくに効果なかったです。
スポンサーサイト

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

猫と石

110227_1253~05

デュランは今月6日
また尿路結石になり
7日 病院で注射
その後 点滴中に大暴走したため
やむなく 中断して帰る。

さいわい 11日の大地震の前には治ってました
キャットフードは今
ロイヤルカナンの療養食をたべています

膀胱炎のときは 大量の水を飲むと良いという。
猫にたくさんの水を飲ませるワザ紹介します

朝、缶詰を半分だけ与え、残りを空きビンに移す。
カラになった猫缶に人肌程度のぬるま湯を入れ
よくかき混ぜてから、器に注ぐ
夕方、缶詰の残り半分をあげたら
カラになった空きビンにお湯を入れて あとは同じ

これで、水の容器が一発でカラになるほど
よく飲みます。

そのほかにやってみたのは、

ニボシでだしをとり、そのだしをさまして与える
(ヘルシー。ただし飲みっぷりはイマイチ)

ぬるま湯に、油をちょっと混ぜて与える
肉や魚を焼いた後の油が良い
(これはカロリーオーバーかも?)

それにしても
ずっと「下部尿路結石に配慮」
と表示されてるキャットフードしかあげてないし
体重も6㎏を維持してて スリムだったのに
どうしてまた結石ができてしまうの・・・

110227_1253~0200012

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

おたのしみ・各種キャットフード食べくらべ

王道の「ヒルズ」「ロイヤルカナン」以外のメーカーからも
「尿結石に配慮」と表示されたフードは
けっこう出ていることに気付いた。

1kg単位に換算したとき
お買い得なのは どれ?

ダイエットと尿路結石、このふたつに的をしぼって
各社のごはんを いろいろ試しています

画像 035

理想は……
尿路結石になりにくい
と同時に
量をひかえていても 満足してくれる
ゴミ箱をあさったり
「おなかすいたぁ~にゃあ~にゃあ~」
と、大騒ぎしないでいてくれるごはんです

あいかわらずなんでも大歓迎だから
「買っちゃって食べなかったらどうしよう」
という心配だけはない。


爪のケガが治ったらしいので
お散歩解禁します

画像 028
あたし どこにいるかわかる!?


テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

シニア用キャットフードの謎

IMGP8589(2).jpg
キャットフードの袋の表示によると、

1~6歳は、 アダルト
7~11歳は シニア
11歳以上は シニアプラス

年齢別に違うごはんの袋……。
いったい 中味はなにが違うの!?

歳がはっきりしないデュランだけど
うちに来たとき、
こみやの動物的直感で、ずばり3歳
獣医さんにも「おそらく3歳~4歳でしょう」
と言われたので
実はもう 7歳くらいになるかもしれない……
もしかしてそろそろ シニア用キャットフードに
変えたほうがいい?
(もしかしてその方が痩せるのかも!?)

と、ずっと迷っていて
前回動物病院に行った時きいてみました。
そしたら、

「シニア用のフードは、
食欲が落ちて小食になった猫のためのもの。
栄養価が高いので、かえって太ります。
食べる量が減っていないなら、今までどおり
アダルト用のダイエットフードでいいんです」

とのこと。
食いしん坊のデュランには、
まだまだ
シニア用フードは必要ないみたい。

ちなみに病院での体重測定では、6.5㎏
去年は8kgになっていたので
「だいぶ肥満が解消されました」
とほめられたけど
でもやっぱり
まだまだおデブさんなんだって。

う~ん。
これまでの経験上、いちばん軽くなって6㎏
それ以下になることは
難しいんだけどなあ



テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

一日で復活

IMGP8463.jpg
竹定規にかみついて じゃれてるところ

あんなに弱っていたのが嘘のように
翌日にはすっかり元気になって
また ごはんのおねだりする毎日です

獣医さんによると
猫が外に出かけて行って、理由はわからないけど
思いきりへこんで帰ってくることは
よくあるそうです

後ろ足の爪を何本かケガしてるから
ばい菌で化膿しないように
当分お散歩行きません。
激しくジャンプするから
ネズミであそぶのも控え目にしています

たいくつしてワオワオ文句ばかり。
そしてやっぱり
隙あらば脱出しようとねらってる。


テーマ: 小鳥大好き - ジャンル: ペット

衰弱事件

画像 003

きのう午後 
バリケードを突破し網戸をこじ開けて脱走したデュランちゃん
夕方 家の前をうろついているところを捕獲される。
後ろ足から少量の出血あり。

その後ひたすら自分のベッドで休憩
夕食のおねだりも一切しない。

夜11時ごろ
ぐったり衰弱して
呼んでも一言も答えない
頭もあげない
わずかにしっぽの先をパタパタするだけ。

よく見たら足のほかにも
耳や顔などあちこちにかすり傷あり。

なによりキャットフードを見せても反応しない
あんなに食いしん坊のデュランが……
こんなことは初めてだ!
これは……これはもうご臨終かもしれない……!

缶詰を半分 食器に入れると
数分してからやっとノロノロ来て 一応食べる。

深夜1時 
すっかり目が冴えてるこみや ラーメンをつくる。
たまたまやってた 「黒執事」という
なんだかよくわからない深夜アニメを見る
縁起の悪いことに最終回だ……
黒いシュールな崖だらけの世界で
なぜか次々と心中しまくる 男×女 男×男
ときどきデュランの部屋をのぞいて
まだ息があることを確認する。

朝6時 デュラン 自ら起床
缶詰の残りをたべる。

朝10時 動物病院。
後ろ足は爪が割れてた。
抗生物質と痛み止め
注射を2本打ってもらって 約¥7000
デュランあばれて ひと騒動
こみやの親指 ガブリとしました

だけど やさしいだけだった
着任したての頃から月日を経て
すっかりたくましく成長した
若い女医さんの姿がありました。

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

ダイエット計画 つづき

画像 007
あたし今、何を考えてるかわかる?
そう。 ご・は・ん

今日は、週に一度だけ
高カロリーのごはんが食べられる日です

どうしてかっていうと
病気前に買ったキャットフードが
大量にあまってるから
少しずつもらうことになったの。

いつもは、こんなダイエット食を食べています
画像 001
これほんとは、最初はあんまり好きじゃなかったの
でも今は慣れて、もりもり食べちゃう。
にゃあん

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

ダイエット計画 その1

091127_1247~02
いつのまにか巨大化したあたし。
動物病院の医院長にも
「Bigだねぇ~」
と言われてしまったデュランです

毎日15分、ネズミのおもちゃで運動するだけでは
足りないらしいので
もっと頻繁に、散歩に連れ出されることに。

でもねえー
あたしひとりでお散歩するのは好きなんだけど
人間同伴で散歩するのって大変なの

犬でもないのに
変なヒモはつけられちゃうし。
そもそも人間用の道と、猫の歩く道ってぜんぜん違うのよね。

091127_1243~01
トンネルに入ろうとしたら
「ダメーッ」て引っ張られるし。

091127_1248~02
ちょっと待ってよ!
今、草食べてるんだから!
「道草を食う」って言うでしょ!?

091127_1247~01
やっぱり おなかたぷたぷ?

091127_1246~010001
実はここ 霊園の一角なの。
墓地はいいわよ~
静かだし 犬もいないし。
ふぅ~ 帰ったらまた 
減量食が待ってるの

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

大猫です

画像 013
デュランは7kgだと思っていたけど
病院ではかってもらったら
実は8kgになっていたことが判明しました 

フードはずっと、6kgの猫として計量
おやつもナシなのに

いったいなぜ、いつのまに8kg!?

重い重いと思っていたら
やっぱり8kg!?

頻尿の方は、
点滴と注射ですっかり回復しました
もう一回病院へ行ったら
今度は尿検査できました

結石はなく、単純な膀胱炎だそうです

膀胱炎は一度かかると再発しやすく
肥満だと病気にもなりやすいから
もっともっとダイエットしなくちゃいけないそうです









テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

ふたたび

画像 009
デュランちゃんは
また膀胱炎になってしまいました

このところ食べていた尿結石の療養食が底をついて、
ネットで注文した新しい療養食が届くまでの間、一週間くらい
ずっと前に買い置きしてあった安いキャットフードを食べたのが
いけなかったのかしら……

また頻尿の症状が出たので、病院へ行きました

前回の尿結石の時、
すぐ近所に移転してきた新しい病院に行ってみたけど
デュランはそこの獣医さん(男性)と相性がよくなくて
獣医さんの対応も気になったので
(言い方がちょっと、
「興奮しやすい」「神経質」とさりげなく猫のせいだし、
奥の方へ連れて行って見えないところで処置してしまったり)

やっぱり前から診てもらっていた
一駅先の、女医さんのところへ行くことにしました。

今度も膀胱がからっぽで尿検査できませんでした
点滴と、二種類の注射を打ってもらいました
治療代約¥9000
おうちでは
水分補給が大事です
牛乳はカルシウム・ミネラルが多いから
膀胱炎によくないそうです
デュランはぬるま湯が好きなんだけど
お湯はあげてもいいそうです

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。