スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極色彩の鳥

120626 008
鳩子さんの家のウルルさん
自分も女の子だけど、女のお客が嫌いなのだそう。

120626 009
下から見上げて 笑っている(?)

換羽した羽根をいただきました。
ミステリアスな南国色


他のちいさな鳥たち

120626 001 120626 011
青いまさむね氏は
そらまめちゃんに似た、ちょっとなつかしい色。

120626 013
蜥蜴たち。
流木の下に隠れてました。
ちょっとだけのぞく足がCOOL!


鳥は爬虫類から進化しており、両者は親戚同士。
なので、どっちも好きー!という方がいても
おかしくないとは思っていたのですが
やはりいらっしゃるのですね。
素敵な家族に囲まれた 鳩子さんのお部屋でした。
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き - ジャンル: ペット

あたしの野原

120506 013 120506 014

回転す ネジとなる尾の いさみたち
青い芽を打つ 右に左に

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

窓際の下克上

旅行中で、猫たちだけが留守番しているお宅へ
ごはんとトイレのお世話に行っています

foto 002

なめ合ったり寄り添ったり とっても仲の良い二匹だけど
実はひそかにトップをめぐる争いが行われている
たまにキャットタワーの上下の定位置が入れ替わったり
上段を奪われた方がスネたりしている
だけどすぐにまた仲直りしてる

このお宅も、野良だったのを引き取った猫たちだそうです
デュランはずっと一匹だけど
二匹いるとまたちょっと違う
不思議な猫間関係

foto 001

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

性格の違う二匹だけれど

111029_1621~020001
いつも銀行の前の植え込みのところにいる
ひとなつこいシマ猫

111029_1621~010001
寄ってくるし にゃごにゃご話しかけてくる
口数の多い営業系ねこ

111108_0931~010001
対照的に無口で警戒心の強い真っ白な猫とお友達

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

外は虫の演奏会

IMG_0053.jpg

声たてぬ 虫ほど美味き 秋の宵

IMG_0054.jpg


デュランちゃんです
今日は散歩の帰りに
ぶち猫に会っちゃったの

IMG_0083.jpg
あたまのてっぺん以外ぜんぶ白。

石垣の向こうから頭がのぞいてるの。
IMG_0082.jpg
あたしが「伏せ」してたら
だんだん近づいてきたんだけど
こっちから寄っていこうとしたら
逃げちゃった。

シマとブチって性格ちがうのよね。
うちの近所ではシマ猫たちの方が広く浅い社交家
ブチ一族は用心深くて忠実で
日課が規則正しいのが特徴なの。


テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

ぶらりお月見

よく椅子の下に隠れて、カメのように首だけ出してる。
110908_0758~020001


猛暑だったのと、馴染みの公園に強力な蚊が多いので
夏の間ずっと デュランの散歩に行きませんでした

そこは まさにジャングル
ひとたび足を踏み入れれば、
厚めの靴下をはいても
その上から片脚につき50ヶ所以上は刺される(数えた)。
市販の虫除けスプレーもあまり効かない怪物級の蚊

ネットで手作り虫除けスプレーのレシピを調べて
シトロネラという精油を買ってあるけど
まだ試してない
使ってみたら報告します



IMG_0056.jpg

今日はひさしぶりの散歩で
少し遠くの蚊の少ない公園へ。
デュランはバッタを一匹捕獲
その場で丸飲み。

夕暮れで、大きな満月
リードをつけて飼い主さんとお月見に来ていた
灰色ウサギのミンクさんに会いました
なんでもウサギ七代目で、現在6歳のシニア
でも毛もフカフカだし元気にピョンピョンしていました



テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

猫カフェって?

20110601.jpg

近所を散策していて
「キャットカフェ」という看板を見つけたことがあります
なぜかテラスになっておらず ビルの二階
デュランの入ったカートを運び上げるのは大変そう

とりあえず人間だけ上がっていって、
「猫と一緒に入れるカフェなんですか?」
ときいてみると
「ドッグカフェと違って
猫を連れたお客さん同士交流する場ではなく
あくまでも店内にいる猫と遊ぶためのカフェ。
猫連れで来ても悪いことはないが、
どちらかというと、猫を飼っていない人が来る」
とのこと。

みたところ、
人間の店長さん1名+他の従業員はすべて猫
料金は時間制
ちらっと奥の座敷をのぞかせてもらうと
ずらりと並んだケージの中に
いろんな毛色の若くてキレーな猫がいっぱい

ふわぁ~ これはまるで
猫カフェというよりむしろ猫キャバレー
(でもお酒は無いですたぶん)
そういえば執事喫茶があるくらいだから
猫喫茶があってもいいんだろうけど
猫は夜行性だから、猫ナイトクラブもいいかも・・・
将来 身寄りのない猫を集めて経営しようかしら

不思議なのは、
高級な猫というより とにかく若い印象で
仔猫ではないが大人の貫禄もまだない
生後半年から一年弱くらいの猫ばかりが取り揃えられていること
ギムナジウムみたいになってる

でも 一度猫を購入してしまったら、一生面倒見なければならないはず
何年も店を運営しているうちに、猫たちもあっという間に大人になってしまう
何をどう回転させて フレッシュなメンバーだけを取り揃えているのか謎

そこまでは質問しなかったけど
ともかく猫カフェは 猫を連れて入れるカフェではなく
猫と触れ合うカフェでした


テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

猫なんだもの

_DSC0284.jpg  _DSC0285.jpg
散歩というより
草を食べ トカゲを狩るための旅

ある日、先に立って順調にトコトコ歩いていたのに
急に陸橋の真ん中の植え込みで立ち止まってしまったデュラン
「おいでおいで」 とリードをくいくい引っぱっていたら
通りすがりのおじさんがデュランに向かって一言

「言う事なんか聞いてらんないよなあ? 猫だもの!」

名言だよおじさん・・・・



一日一食にしてみたけれど
キャットフードの注意書きに
「一日分を2回に分けて与えること」
と書いてあるのを見つけてしまった

なので今は
夜寝る前の食事と 昼間もしくは夕方の軽食
2回あげることにしました
(いずれにしても量は変わらず)。

やっぱり朝4時に起きて鳴くデュランです
でも ダンボールをかじったり
物音を立てたりするデモ活動は
だんだん沈静化してきているみたい


テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

車で移動

110504_1504~01
デュランちゃんです
車・・・
人間たちの この不気味な発明品
あたしは車が嫌い
どうしてこんなところに
乗せられちゃったのかしら

110504_1506~01
外を見てみるけど
なんだか怖いし

110504_1528~01
車に乗ると必ず
キャリーの中でおしっこしちゃうし
乗っている間中
ワーワー文句言っているから
しまいには「うるさい」って言われちゃうの

なんだかこの家に来る以前から
あまり車に乗ったこと
なかったみたい

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

ウサギの休日

110424_1532~010001 110413_1435~020001


二駅先にできた新しい図書館へ
徒歩で行ってきました
その帰り道

ジャージ姿の青年が走りながら
「リョウ太! リョウ太!」
と血相変えて叫んでいる
なぜか靴をはいておらず
白い靴下のみ

そこらのアパートから飛び出してきた模様
でも 周囲に相方の姿はない・・・

と思ったら一羽の茶色いウサギが
4車線の大通りを
行きかう車の間をすり抜けるようにして
ピャーッと横切り
あっというまに道の反対側の
ファミレスの駐車場の方へと消えていった

「ピョン太ーーー!!!」

(そう 彼のうわずった叫びは
「リョウ太」ではなく「ピョン太」だった)

ああ あれはネザーランドドワーフだろうか
私はウサギに逃げられたことはないけど
ウサギってあんなふうに脱走するものなのか

人間様の私でさえ
あんなドラマみたいに絶叫されたこと ないなあ
(それ以前に4車線道路をダッシュで横切ったこともない)

靴下氏もさすがに同じ場所は横切れず
ちゃんと横断歩道をまわって探しに行った

大丈夫だよ
飼いウサギはそんなに持久力はないから
ちょっと走ったらたぶん
物陰にコテンと寝そべって休んでいるはず

ピョン太くん
どうか末永く仲良く お幸せに・・・



それで話を戻すと
以前なにかで紹介されていて
ずっと気になっていた本 見つけたのです

あたしの一生―猫のダルシーの贈り物あたしの一生―猫のダルシーの贈り物
(2005/12)
ディー レディー

商品詳細を見る


もしも猫が人間への愛の記録を書いたら
こんな感じ?
猫を人間風に理想化しすぎでしょ
でも当たらずといえども遠からずだよね
と思わせてくれる 美しーいおはなし。


こちらはやはり帰り道に出会った
黒とぶち猫の仲良しコンビ
軽く猫パンチしあったりして遊んでた

110430_1822~020001 110430_1821~020001




テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。