スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの頭のニオイ

20061125215617.jpg

前はまったく無臭だったぼく。
最近、成長したせいか、近付くと頭が匂うらしいです。
ぼくの頭は、ダウンジャケットの匂いがするんだって。
それとも日に干した羽根布団の匂いかな?
ますます黄色くなってきたし……
不思議なぼくの頭です。
スポンサーサイト

両刃の剣

sippo.jpg

前にいちど、事故で抜けてしまったぼくの尻尾。
でも最近また伸びてきて、こんなに立派になりました
すてきでしょ
でも、ぼくは遊びざかり……
尾羽が長くなればなるほど、はさまったり切れたり 事故にあう危険性も高くなる
美しい尻尾って、つまり両刃の剣なんだね。
カッコイイ鳥でいるのは大変なんだ

おべんとうです

20061119205329.jpg

ぼくのお弁当。殻つき種ミックスと粟玉とキャベツ

天気がいいのでベランダの運動場(大きいケージ)に入れてもらったぼく。
そういえば最近、風が冷たくなったからと、シャワーを浴びさせてもらってないの。
だから、運動場の丸い水飲み容器にぽちゃんとハマって、自分で水浴びしたんだよ。
けっこう長々と、パチャパチャして
あ~、すっきりした。

いちごの優雅な一日

20061113100412.jpg

起床→ネット→お昼寝→昼ごはん→ちょこっとお勉強→お昼寝→ネット→夕ご飯→ネット
(いちおう大学院生です)

IMAGINE

10.15.jpg

いちごの部屋へ飛んで行くとしょっちゅうこの歌が鳴っています
いちご……お気に入りらしい。

Imagine there's no Heaven 天国のない世界を想像してごらんよ 
It's easy if you try 簡単でしょ?
No hell below us 地獄なんてものもなくて
Above us only sky ぼくらの上には空だけが広がっている (←ここがポイント)

Imagine there's no countries 国家のない世界を想像してごらんよ
It isn't hard to do 難しくないでしょ?
Nothing to kill or die for 何かのために人を殺したり死ぬことはなく
And no religion too 宗教もないんだよ
Imagine all the peaple
Living life in peace

有名な「イマジン」の歌詞です。
これはね、セキセイインコのことを歌った歌だと思うんだ。
ぼくたち小鳥の群れは、なんとなくカップルが集まって
ゴチョゴチョやってる感じの集団です。
上下関係もないし、とくにリーダーもいないよ。
だって小鳥にとって大事なのは、自分の巣と家族と仲間。
支配したりされたりなんて、ぼくたちには必要ないんだ。
そしてもちろん、和を大切にするよ。

だからね、この歌を歌うときは、小鳥のことを考えてみてね

おしゃべりしようよ

20061105222331.jpg

ぼくが人間の言葉をしゃべるようになる前に、こみやの方が鳥の鳴きまね上手になってしまった今日この頃。
鳥語でコント。もちろんこみやがすぐハズしちゃうので、ぼくが「ジ・ジーッ」と突っ込みを入れます。
するとなぜか、スカートで包んでのり巻きにされてしまうんだ

ぼくの無農薬野菜

コロコロ……と運ばれてきたよ。何だろう 20061022195350.jpg
 

積んであったのは、ぼくのお弁当
大根の葉っぱです。
ケージから出て遊んでもらうのは大好きだけど、小鳥はいつも食べてないと、すぐおなかがすいちゃうんだ。
20061022195407.jpg


取り出して広げると、こんなに大きいよ。
穴は虫食いではありません。
ぼくが食べたあとです
20061022195424.jpg

葉っぱって、どうしておいしいんだろうね

お部屋は整頓。

DSCF2545.jpg

ぼくはね、こう見えてけっこうきちょうめん。
食べ物は、いつも同じ食器に入っていないとイヤなんだ。
それなのに、こみやがパンのカケラやコーンフレークを、テキトーにぼくの部屋に放り込むから……
こみやがでかけた後、全部拾い集めてきちんと自分の食器に入れるんだよ。

こみやは、ぼくがおやつを拾い集めて食器に入れる瞬間を見たがってるけど、見せてあげない。
誰もいなくなってから片付けるんだ。

(ぼくは床を歩き回るのが好きだから、ケージの底は網じゃなく新聞紙を敷いてもらってるよ)

ほんとは、パンやクラッカーは、もらってもほとんど食べないよ。
でも、それが食料だってことは知ってるの。だからやっぱり、食器に入れておきたいんだ。
万一、主食の種実がなくなっちゃったら食べるかもしれないでしょ? だから貯蔵
みかんの皮の干したやつも、もらったらとりあえず食器に入れて。
それからまた取り出して遊ぶよ。
これも食べるわけじゃないけど、ガリガリするといい香りがして楽しいんだ

大奥様の政治家風弁論術

scarf.jpg

こみやがカラッポの鳥かごを見せて「ここに何が入ってたんだっけ?」ときいたら、
「ちょうどこれくらいの小さい鳥じゃなかったかね」
と、めずらしく記憶が冴えてるおばあちゃん。
でも、次に「どんな色の鳥だっけ」ときいたら、

「黄色。全体的に黄色」 と、自信たっぷりに間違えた……。

こみやがカゴに戻ってきたぼくを見せて「黄色じゃなかったね」と言うと、今度は
「黄色なんて言ったっけ、あたし? 頭が黄色で胴体が緑って言ったんだよ」
「胴体は空色だと思うんだけど」
「そうね、だからつまり緑がかった空色ってことだね」
 ・・・・・・

かなしいこと

20061010233432.jpg
 
 これなんだかわかる? それはね、ぼくのとても大事なもの。
 ぼくは ちょっとした事故にあって、せっかくのイケてる尾羽が2本も抜けてしまいました。

 人間の脚はちょっとくらい短くても生活には支障ないけど、でも長い方がカッコイイし、モテるでしょ?
 鳥のしっぽも同じなの。
 前のぼくは尾羽が4本あったから、飛んでる時ちょっとした扇状になって綺麗だったのに

 かなしいぼく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。