スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵 第2弾

11.28.jpg

1個め産卵から1日あけて、今日11月28日PM7:30、
2個目の卵を産んだよ。
(それにしても、なぜいつもPM7:30に産むのか……
ちょうどみんなが夕食を食べながらぼくのカゴを見てる時間)

今ではもう、食べてるか卵を抱いてるかどちらかです。
とっても食欲旺盛で、いつもの2倍くらい食べるよ。
そういえば先週の土曜日くらいから、
歌わないしお喋りもしなくなって、
「キュイキュイ」って車輪がきしむような、
超音波みたいな声を出すようになったよ。
どうしてかって? どうしてだろうね。

それでも1日1度はカゴから出してもらって遊ぶんだけど、
ちょっと気が立ってて、つい、こみやの手に噛みついちゃうんだ。
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き - ジャンル: ペット

ザ・巣 改良版

20061127214253.jpg

 きのう作ってもらった巣はどうも抱卵しにくくて悪戦苦闘
 だから今日は、新しい巣を作ってもらいました
 「チョコレート効果カカオ72%」の空き箱をカットして、
 昨日と同じく細切れの麻紐を敷いたもの。
 ただ昨日より浅く作って、しっぽも邪魔にならないサイズに。
 まあなんとかなるかな……

 いっそ、市販の巣を買ってきてもらった方がよかったかも。
 それにしても、どうして巣もないのに産んじゃったんだ、ぼく。

 こちら、抱卵中

cage.jpg


 しっぽの付け根あたりがすごく膨らんでるので、
 「絶対、あと2個くらい卵ため込んでるでしょ~。早く産んじゃいな!」
 と急かされています。
 

大事件

11.26.jpg

ずっと男と思われていたぼくですが、
今日11月26日PM7:30、
卵を産んでしまいました

まだ5ヶ月齢なのに。
しかも一羽暮らしなのに。
でも産んじゃったものは仕方ないから、
さっそく金網の上で抱卵を始めたぼく。

ごめんね、こみや。
ぼくはシングルマザーになります。

と思ったけど、無精卵だから、あたためても孵らないんだって。
「せっかくだから目玉焼きにしていただこうかしら
なんて言っていたこみやだけど
インコの本によると、こういう場合は
「最後の卵を産んだ日から18日間抱卵させて取り出し、
その後は産卵しないよう環境を変える」だって。

一個産んだら、続けて何個か産むまで止まらないってこと?
そういえば、まだ産み足りないような気もする。

とりあえずダンボールで巣を作ってもらったよ。
写真の中央に見える白い物体がぼくの卵です。
全長1.5cmほど。けっこうしっかりした殻だよ。

カルシウム補給にと、イカの甲羅をもらったら、
なぜかいつになくおいしくて、夢中になって食べちゃった。
ああ……食べ物の好みまで変わってしまったぼく。

そんなわけで、これから18日間の仮想抱卵に入ります。
みなさま、ごきげんよう

ぼくの頭のニオイ

20061125215617.jpg

前はまったく無臭だったぼく。
最近、成長したせいか、近付くと頭が匂うらしいです。
ぼくの頭は、ダウンジャケットの匂いがするんだって。
それとも日に干した羽根布団の匂いかな?
ますます黄色くなってきたし……
不思議なぼくの頭です。

両刃の剣

sippo.jpg

前にいちど、事故で抜けてしまったぼくの尻尾。
でも最近また伸びてきて、こんなに立派になりました
すてきでしょ
でも、ぼくは遊びざかり……
尾羽が長くなればなるほど、はさまったり切れたり 事故にあう危険性も高くなる
美しい尻尾って、つまり両刃の剣なんだね。
カッコイイ鳥でいるのは大変なんだ

鉄棒

20061119234501.jpg

ついに撮られてしまった
逆上がりの瞬間。
そう、ぼくは鉄棒インコ。
両足の他に、くちばしも使えるから便利だよ。

おべんとうです

20061119205329.jpg

ぼくのお弁当。殻つき種ミックスと粟玉とキャベツ

天気がいいのでベランダの運動場(大きいケージ)に入れてもらったぼく。
そういえば最近、風が冷たくなったからと、シャワーを浴びさせてもらってないの。
だから、運動場の丸い水飲み容器にぽちゃんとハマって、自分で水浴びしたんだよ。
けっこう長々と、パチャパチャして
あ~、すっきりした。

いちごの優雅な一日

20061113100412.jpg

起床→ネット→お昼寝→昼ごはん→ちょこっとお勉強→お昼寝→ネット→夕ご飯→ネット
(いちおう大学院生です)

IMAGINE

10.15.jpg

いちごの部屋へ飛んで行くとしょっちゅうこの歌が鳴っています
いちご……お気に入りらしい。

Imagine there's no Heaven 天国のない世界を想像してごらんよ 
It's easy if you try 簡単でしょ?
No hell below us 地獄なんてものもなくて
Above us only sky ぼくらの上には空だけが広がっている (←ここがポイント)

Imagine there's no countries 国家のない世界を想像してごらんよ
It isn't hard to do 難しくないでしょ?
Nothing to kill or die for 何かのために人を殺したり死ぬことはなく
And no religion too 宗教もないんだよ
Imagine all the peaple
Living life in peace

有名な「イマジン」の歌詞です。
これはね、セキセイインコのことを歌った歌だと思うんだ。
ぼくたち小鳥の群れは、なんとなくカップルが集まって
ゴチョゴチョやってる感じの集団です。
上下関係もないし、とくにリーダーもいないよ。
だって小鳥にとって大事なのは、自分の巣と家族と仲間。
支配したりされたりなんて、ぼくたちには必要ないんだ。
そしてもちろん、和を大切にするよ。

だからね、この歌を歌うときは、小鳥のことを考えてみてね

おしゃべりしようよ

20061105222331.jpg

ぼくが人間の言葉をしゃべるようになる前に、こみやの方が鳥の鳴きまね上手になってしまった今日この頃。
鳥語でコント。もちろんこみやがすぐハズしちゃうので、ぼくが「ジ・ジーッ」と突っ込みを入れます。
するとなぜか、スカートで包んでのり巻きにされてしまうんだ

パンプキンTシャツ

ぼくのTシャツを作ってもらいました



撮影に時間がかかって、アップはハロウィン当日くらいでした。
遅かった


え~カボチャの写真くらい簡単だろ~?

って思ってるでしょ?
でもね、小鳥は臆病でデリケート。
初めて見る物体(特に自分よりデカいものや、色が強烈なもの)は警戒して、まず近寄らないんだ。
だからまず、カボチャとお友達になるために数日かかるよ。
それに犬じゃないから、人間の指示にはいっさい従わないんだ。
だからこみやには、いいショットが撮れるまで、ただひたすら待ってもらうよ。
そしてようやく、ツーショットが完成します。

そんなわけで、とってもアナログ
ぼくとこみやのコンビネーションの結晶なの。

クリスマスにはきっと間に合うようにがんばるから、クリスマスのぼくにも期待してね!

テーマ: 小鳥大好き - ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。